脱毛クリームの使い方

ひげ脱毛はしたいけれど、クリニックやエステサロンに通う時間やお金がないという方には、ひげ脱毛剤を使って自宅でひげ脱毛するという方法もあります。

 

それでは自宅で脱毛する場合、どのような成分が含まれたひげ脱毛クリームを使うといいのでしょう。

 

ただし、顔に使える脱毛クリームって市販されているのを見た人は無いのです。

 

やはり顔の皮膚は薄くて、傷める期限があるからでしょう。だったら自分で作るか、体用のものを試してみるとかありませんが、あくまで自己責任ということで。

 

身体用の脱毛クリームは刺激が強すぎて、赤くなってしまう人もいますので、パッチテストをして大丈夫たったらつかってもいいかと思います。

 

とても簡単に髭が脱毛できるので、これが有効であればとても楽なんですが・・・

 

ただしまた生えてくるので、繰り返しているうちに赤くなってしまうこともあるとン思います。

 

これに対して、自分で作るとしたら、こんな方法があります。

 

脱毛に効果があるとして、今パパイン酵素と大豆イソフラボンが注目されています。

 

パパイン酵素はタンパク質を分解する酵素ですので、ひげを根元からタンパク質分解していくのです。

 

髭脱毛をより有効にするために、髭脱毛剤をより効果的にする使い方があります。

 

まず、髭脱毛剤はタンパク質を分解して毛を溶かしていくと言う働きがあります。

 

髭脱毛剤は髭の毛根までよく浸透させて、有効に使われなくては髭脱毛の効果は上がりません。

 

そのためには、毛穴が開いていたほうが、よりいっそう効果的です。

 

すなわち、髭脱毛剤はお風呂上りにつかうのがベストな使い方と言えます。

 

ところで髭脱毛剤に含まれる成分のうち、豆乳の効果は有名ですが、パパイン酵素の働きも見逃してはいけません。

 

パパインこそが、タンパク質を分解する酵素だからです。

 

すなわちパパインが髭の毛根のタンパク質を分解してくれるのです。

 

分解することで髭そのものの生成を抑えてくれます。

 

お風呂上りにパパイン酵素の入った髭脱毛剤をしっかり塗ることが、髭脱毛のための正しい髭脱毛剤の使い方だと言えます。

 

つまりひげが伸びるのを抑えるのにとてもいい働きをしてくれるのです。

 

また大豆イソフラボンには女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれているといいます。

 

その女性ホルモンの作用でひげが伸びるのを促進させる男性ホルモンの分泌が抑えられるのです。

 

このような成分が含まれるひげ脱毛剤を使って自宅でゆっくりひげ脱毛をすることができます。