髭のレーザー脱毛

医療レーザー髭脱毛

レーザーによる髭脱毛はよく耳にしますが、医療レーザー髭脱毛はわが国では医師の指導のもとでしか施術することができない安全な脱毛です。

 

厚生労働省の認可を受けている医療レーザー髭脱毛とは具体的にどのようなものでしょう。

 

人によって髭の量や質、色、また肌質などもさまざまですが、医療レーザー髭脱毛は事前に医師の診察を受け、それぞれの個人に合わせた照射を行います。

 

医療レーザーひげ脱毛は日本以外ではアメリカにおいても医師の指導がなければ受けることができません。

 

しかし、その効果は認められており、安心、安全、効果的にひげ脱毛を行うことができます。

 

具体的には、ひげ脱毛を行う部位にジェルを塗ったあと、そこにレーザーを照射します。

 

その瞬間、ゴムでバンとはじかれたような感覚になります。

 

最後に炎症止めの薬を塗ってもらいます。

 

医療レーザーひげ脱毛を数ヶ月にわたり数回繰り返すうちに、安全にひげ剃りの煩わしさから開放されることも可能です。

脱毛方法による違い

剃刀やシェイバーで、ひげ剃ると、のびた分だけのカットになるのはいうまでもありませんが・・・。

 

この方法でひげを処理していると次第に髭が太く丈夫になってくるようになります。

 

ひげを増やしたいのならばいざ知らず、それと逆の場合は、まったく反効果的なことをしている事になります。

 

剃刀やシェイバーで、ひげ剃ると、のびた分だけのカットになるのはいうまでもありませんが・・・。

 

この方法でひげを処理していると次第に髭が太く丈夫になってくるようになります。

 

ひげを増やしたいのならばいざ知らず、それと逆の場合は、まったく反効果的なことをしている事になります。

 

毛抜きでひげ脱毛する方法もありますが、根本から抜くことができれば、しばらく生えて見えてくるまでは時間があきますが、毛根から抜くには痛みがともないますし、この方法を繰り返していると毛穴が広がり、極めの荒い肌になっていきます。

 

レーザーでのひげ脱毛の場合は、毛乳頭からの処理になりますので、定期的に繰り返していくうちに、毛乳頭が弱くなり、次第に毛が細くなり、毛穴も小さくなっていき、やがて生えて来なくなります。

 

極めの細かい肌になり、つるつる感が出てきます。

 

肌を傷める心配もなく、ひげ脱毛という効果だけでなく、肌を美しくととのえる効果も生じます。

 

逆に剃刀でそり続けることは、肌も削っているのと同じですので、肌の老化も尊信していることにもなっているのです。

 

いつまでも若く美しい肌を保ちたいのならば、男性であってもその点に注意を払うほうがいいでしょう。

 

ダメージの蓄積がなるべくないうちに、レーザーひげ脱毛を始めることをお勧めします。

髭脱毛の回数期間

脱毛方法により、また体質により髭脱毛で完全にヒゲをやーなくすまでの回数は異なりますが・・・

 

標準的なヒゲ脱毛回数を具体的に上げると以下のようになります。

 

レーザー髭脱毛の場合は、15回前後でほとんどの人がツルツルに。

 

光脱毛の場合は30回ぐらいやってようやく髭が全部ない状態になる。

 

ただし、また生えてくることもあるので、定期的に続ける必要が、光脱毛にはあるようです。